HOME > コラム > 今話題のヒト幹細胞培養液配合!人気の『フラクシーモイスト』がバージョンアップ
2021/3/4

新商品

今話題のヒト幹細胞培養液配合!人気の『フラクシーモイスト』がバージョンアップ

こんにちは、化粧品事業部の山崎です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

日に日に厳しい寒さも和らぎ、春の陽気を感じられるようになりました。

乾燥がピークに達するこの季節は、とにかく保湿が第一!うるおいをキープするスキンケアが不可欠です。

そこで、本日おすすめするアイテムは、キャロリーヌ化粧品の中でも、長年ご愛用のお客様が多い、乳液タイプの美容液『フラクシーモイスト』です。

抗酸化効果の高い成分として、ビタミンCやビタミンEなどがよく知られていますが、フラーレンの抗酸化力はビタミンCの125倍もの抗酸化作用を示す、ノーベル化学賞を受賞した成分。
キャロリーヌの「フラクシーモイスト」はフラーレンの効果を十分に発揮できる証のマーク(1%以上)「R.S.マーク」付きです。
フラーレンが活性酸素を取り除くことで必須保湿因子の減少を防ぐ為、肌の保湿力がUP!!肌荒れの改善にもつながります。

そのほかには、アルガンオイル、ヒアルロン酸、ネロリ、エルデュウなど、「保湿・保水・血流改善・栄養補給」に優れた成分を配合しています。

その『フラクシーモイスト』がこの度、今話題の美容成分「ヒト幹細胞培養液」を配合して、パワーアップしました!

ヒト幹細胞には、さまざまな種類のサイトカイン(細胞を活性化する物質)、グロスファクター(成長因子)が豊富に含まれているので、皮膚組織のコラーゲン、エラスチンを作り出す繊維芽細胞に働きかけます。

保湿だけでなく、エイジング効果も期待できる最強美容液の誕生です!

乾燥が気になる季節は、ヒト幹細胞培養液配合の『フラクシーモイスト』

で、潤いとハリのある健やかなお肌へ♡

【配合成分】

■フラーレン(ノーベル賞受賞成分):抗酸化作用、シミ・シワを防ぐ

■ヒト幹細胞培養液:成長因子を肌に補給し細胞を活性する

■エルデュウ:肌に潤いを与える、皮膚の柔軟性を保つ、皮膚の乾燥を防ぐ

■アルガンオイル:抗酸化、皮膚再生、皮膚の水分保持、油分潤いを保つ

■レチノイン酸トコフェリル:ターンオーバー促進、コラーゲン合成促進

■ネロリ:自然由来の希少な精油、肌にハリを出す、肌を柔らかくする、リラックス効果

■ローマカミツレ:リラックス効果

<ご使用方法>

化粧水で整えたお肌に、1回3~4プッシュを手に取り、お顔全体から首筋にかけて塗布してください。

首周りやシワが気になる部分には、もう1プッシュ多めにご使用ください。

キャロリーヌ化粧品オンラインショップはこちら

「素肌のクリニック キャロリーヌ」化粧品事業部

〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-7 ヒューリック銀座5丁目並木通 8F(旧MaxMaraビル)
0120-150-407